予防歯科について

他国との比較

他の先進諸国と比較して歯のメンテナンスの受診率が著しく低い日本

世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは歯医者さんへの定期受診率は大人で80~90%、子供では100%で、アメリカでも70%と高い受診率です。先進国ではこの様にお口に対する関心度は高いのに対して、日本では驚く事に約6%の定期受診率です。これでは虫歯や歯周病が悪化しても仕方ありません。
また、8020運動(80歳まで20本の歯を残そう)はスウェーデンではほぼ達成しているのに対し、アメリカでは2010年達成予定、日本では20~30年後と、かなり遅れを取っています。この様に日本人の口への関心度は他国に比べて非常に低いのが実態です。

比較表

これだけ抜きんでてメンテナンスの受診率が低いと、70歳時点においての歯の残存歯数にも大きな差が生まれます。

メンテナンスの受診頻度が歯の寿命、健康に大きく作用されるという事です。

生涯ご自分の歯で過ごせるかどうかは、メンテナンスの質と回数が重要となります。
年齢を重ねたら総入れ歯になるのが当たり前という先進国は日本だけです。

歯と身体の健康は密接な関係にありますし、歯が不便だと食の自由も奪われる事になります。3~4ヶ月に1度は歯のメンテナンスを受診される事で、多くのリスクを回避する事が可能になります。

まずはお気軽にお問合わせください

ページの先頭へ